HOME  > コンテンツ  > 残業問題対策  > 残業代をしっかり管理するためには?―三重県鈴鹿市・四日市市・津市の就業規則作成・変更

残業代をしっかり管理するためには?

 
・管理職だから、残業代はいらないはず

・勝手に残って仕事をしているのだから、残業にはならないはず

・営業マンだから、ノルマを果たすまで働くのが当たり前

・休日に出勤しても、あとから代休を取ったら割増賃金はいらない

 
中には、このように理解をされている会社さんもありますが、もちろん、すべて誤りです。

これらに共通していえることは、労働時間の管理が曖昧だということです。


「名ばかり管理職」の問題に適切に対応するためには、会社として労働時間の管理を徹底していくことが第一に求められます。

企業防衛のためには、残業代を削減したいという発想ではなく、会社主導できっちりと労働時間を管理していくという発想を持つことが大切です。


具体的には、次のような対応が考えられます。

 
   ]働時間の定義を明らかにし、厳格に労働時間の管理を行ない、明らかな私的行為は労働時間から除く。
 
  ◆〇超箸箋抛出勤は申告制とし、会社が承認したものについてのみ、残業や休日出勤を認める。

 
 変形労働時間制を導入することにより、業務の実態に合わせて年間カレンダーなどを実施し、必要のない残業や休日出勤を削減する。

 
ぁ ̄超肇泪鵑覆匹粒斡仄圓砲弔い討蓮△澆覆系働時間制を採用して、1日の労働時間を固定化する。

 
ァ々云鐡に残業が発生している社員については、定額残業制を採用することによって、毎月の残業代を固定化する。

 

プリンタ用画面

三重県鈴鹿市・四日市市・津市・亀山市・桑名市・松阪市・伊勢市・伊賀市の就業規則作成・変更・改定・解雇・労使トラブル・パート・嘱託・契約社員・派遣社員就業規則

Copyright (C) 2008-2010. 三重県就業規則作成・変更センター All Rights Reserved.